あづみちゃんの日記

あづみんみんぜみ

なにもなくても

 

普段は特別どこかへ出かけた時くらいしかブログなんて書かない。

 

というか書けない。何もないから。

 

厳密に言うと何もなくはない。

 

今日だって、朝5時半に起きて1時間半かけて会社行って仕事して定時で上がって今はまた地下鉄の駅階段を降りてる。全然何かある。明日だって多分この後食べる夕飯で食あたりとかしない限り同じことしてる。全然してる。

 

 

何がないって代わり映えがない。

 

 

ここのところ(わたしの中では)立て続けにいくつか記事をアップしてたから、書かない日が続くと少し寂しくなるという訳のわからない状態に陥ってしまった。

ちなみにひとつの記事に3~4日くらいかけて書いてるから日数的な話で言うと結構何日も書いてた。仕事帰りとか夜寝る前とかしか書けないから案外かかる、頭も悪いから文章ひねり出すのも時間がかかる。後者はどうにかできたらいいな。

 

 

 

でもどこにも行く予定ないしな。何書いたら良いかな、所詮自己満足だしネットショッピングして届いた商品の明細の裏とかに書きなぐっとけばいいんだろうけどそれ電車の中やってたらやばいしな、それに多分そんなことしても明日の朝早くに家族の誰の目にも留まらないように破って捨てる手間増えちゃうしな。ひまわり畑とかに誰か連れてってくれ~。

 

 

 

さっきは地下鉄の空調の効いたホームで手持ちの小型扇風機を顔から5cmのところで回してるサラリーマンがいた。お疲れ!

 

 

 

 

山口広島の旅 2




 

7月9日(日)

 

おはようございます。本日の起床時間は7時半。30分で支度をして8時には出発する予定です。余裕じゃ~ん(^_-)とか思ってたけど化粧する時間考えたらかなりギリギリでした。ピチピチの21歳(女性/東京都)であることを忘れないでくれ~私。ちなみに天気は3日間で一番悪くなることを予想させる見事な霧雨。先行きが不安です。

 

さて今日の予定は私が行きたいところを事前に電話で伝えたところ、K君がしっかりタイムスケジュールを組み立ててくれています。さすが地元民!頼りになる~!つまりそれに沿って行動すれば完璧!と言うことです。

 

まずはお隣美祢市にある秋吉台に向かいます。秋吉台には家から30分程で到着するということで(近い…!)、滞在時間1時間半をみて10時頃には秋吉台を出発する予定。

 

そして車を走らせること約30分…

 

日本最大級のカルスト台地で特別天然記念物にも指定されている“秋吉台”に到着!
f:id:azuminminzemi:20170715113703j:image

駐車場に車を停めている時に一度「まじかよ…」というレベルの大雨になったのですが、私が「ちょっと待ってコンタクトだけ着けさせて!」というとその1、2分でほとんど止むというラッキー。さっすが私、持ってらぁ(^_-)!


f:id:azuminminzemi:20170715113526j:image

去年の12月にオープンしたばかりだという秋吉台ジオパークセンターKarstar(めっちゃ綺麗)で山口県銘茶の小野茶のジェラートをいただきます。この頃には雲も少し薄くなってきていて晴れ間もでてきました。

 

ちなみにカルスト地形とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食されてできた地形のことでこのように
f:id:azuminminzemi:20170715115234j:image

そこらじゅうに岩がゴロゴロしています。

 

このカルスト台地には岩石が雨水や地下水に溶食されることによってできるドリーネというものが存在していて、落ちると絶対上がれないそうです。
f:id:azuminminzemi:20170715120023j:image

http://geo.skygrass.net/note/geo/karst.html

「あづみさん落ちたら助けられないから、絶対道だけを歩いてねってこと」とK君。ってオイオイ…私はそんなにやんちゃじゃないから大丈夫だゾσ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)ってフラグ立てて落ちてやろうかと思いましたが深さが数m~数百mあるということでさすがにやめました。

 

そこから秋芳洞下り入口の黒谷口へ車で移動していよいよ洞窟へ!ワクワクが止まらね~!!ちなみにこの時点で時刻は9時50分!あれ?

 

黒谷口から洞窟までの187mのトンネルには地球誕生から現代までの秋吉台をイメージした絵が描かれているのですが
f:id:azuminminzemi:20170715115822j:image

一部なぜかトリックアートになっているところがあります。

 

K君「鼻撫でられてる?」

私「いや、微妙、ってか全然」

 

K君「…なんでここトリックアートにした!」

 

 

 

そんなこんなでお待たせいたしました、いよいよ約1kmの洞窟の中に入っていきます。


f:id:azuminminzemi:20170715121123j:image
f:id:azuminminzemi:20170715121543j:image
f:id:azuminminzemi:20170715121612j:image消えるK君

 

私「すごい……!」

私「うわ~~~~~~~~~!すごすぎ!!!!!!!!!!!!!!」

私「えーやばい…すごい!」

語彙力が0になりましたありがとうございます。

 

いやほんとすごいんです、これが全て、何百万年何千万年の時間をかけて、自然が作り出したものだと思うと“自然”というものの物凄いパワーに圧倒されるしかない。

 

 
f:id:azuminminzemi:20170715170757j:imageカリフラワーみたいな岩もあります。

 

すると前の方でしゃがみこむK君。

f:id:azuminminzemi:20170715122318j:image
K君「四つ葉のクローバー探そ?♪♪♪」
f:id:azuminminzemi:20170715170902j:image ねえよ。

 



f:id:azuminminzemi:20170715175538j:image
K君「これはブロッコリーね、さっきカリフラワーもあったでしょ。これブランド品だから。高いよ。」

 

高いそうです。上から石灰分を含む水が滴ってできたこの“巌窟王”は8mあるのですが、10万年以上かかってこの形になったとのこと。気が遠くなるわ!

 


f:id:azuminminzemi:20170715180750j:imageThe Big Buddhaの語感にツボる。

 


f:id:azuminminzemi:20170715180929j:imageこちらは15mほどある“黄金柱”

 


f:id:azuminminzemi:20170715181825j:image空滝

K君「ちなみに、家に帰ってお風呂入ろうとしたらなんかぬるいな~ってときにするのは追い焚きだから。」


f:id:azuminminzemi:20170715182015j:imageこれは“傘づくし”といって上から滴りながら固まった石灰分でできたもの。


f:id:azuminminzemi:20170715182626j:imageこんな広い空間もある。洞窟内は年間を通して16℃くらいで夏は涼しく冬は暖かいのでめちゃめちゃ快適。

 
f:id:azuminminzemi:20170715182824j:image“百枚皿”という名前でも実際には500枚以上あるらしい。謙虚~!

 


f:id:azuminminzemi:20170715183148j:imageK君「壁がカフェオレみたい!」

 


f:id:azuminminzemi:20170715183504j:image高さ30m幅50mもある広くて大きなこの空間の天井には、入り口からの太陽光線が水面に反射して水の青さが青白く写し出されており“青天井”と呼ばれる。

 


f:id:azuminminzemi:20170715184229j:image出口をでると、あるところを境に気温がガラッと変わります。ちょうど間に立って両側に手を伸ばすと「こっちあったかい、こっち涼しい~!」

 


f:id:azuminminzemi:20170715184529j:image外に出ると霧がすごい…!


f:id:azuminminzemi:20170715185701j:image「ここはいつもは綺麗なエメラルドグリーンなんだけど写真なら秋芳洞で調べればいくらでも出てくるし、雨が降らなきゃこの霧は見られなかったから逆にラッキーだったんじゃないかな」とK君。確かにすごく幻想的で不思議な雰囲気。見られて良かった!

 


f:id:azuminminzemi:20170715190137j:imageこんな商店街を抜けて…


f:id:azuminminzemi:20170715190537j:imageあまがえるもいた。可愛い。あと洞窟出てからレンズが曇る曇る!

 

途中K君がチーズちくわを買っていて、あまりにも美味しそうで「一口ちょうだい!」と言うと一度無視したものの最後の最後に一口残してくれたのは嬉しかったです。

 

私に渡そうとした瞬間に落としたけど。

 

「はい、あげる あっ…」と言ったあのときのK君の表情は忘れられませんね。

 

 

そして車を置いた黒谷口に戻るためバス停に向かったのですが…
f:id:azuminminzemi:20170715190650j:image

バスが1日7本しかない。あと5分で出発するところでしたツイてらぁ!ちなみにここまでで1時間半押してます。あれれ~?

 


車に戻って次なる目的地へ。本格的に晴れてきた~!
f:id:azuminminzemi:20170715192418j:image山口名物黄色いガードレールは夏みかんのPRのためのものだそうです。分かりづらいわ。

 

さて到着したのは下関市内にある「瓦そば たかせ」
f:id:azuminminzemi:20170715193122j:image

畳の座敷に通されて…
f:id:azuminminzemi:20170715193524j:image

ひえ~~~~~~~~~~!!瓦にそばが乗ってる!(瓦そばなので)

茶そばに錦糸玉子、肉、海苔、レモン、もみじおろしが乗っています。これをつけ汁につけて…ズゾゾッ!といったらもう~~~~~~~~~~~美味い!瓦の上で焼かれて少しパリパリっとしたそばもまた美味い。旅行先で各地のご飯を食べてるけどこれは本当にずば抜けて美味い…!

 

f:id:azuminminzemi:20170715194617j:image一緒にうなめしも頼んだゾ~^_^贅沢極まりない!

 

f:id:azuminminzemi:20170715195753j:imageうな茶漬けで締める!家で「ごめんね今日の夜お茶漬けしかないけど…」って出てきたら歓喜するやつ。毎日これで良い。

 

 

お腹いっぱいになったところで

f:id:azuminminzemi:20170715200107j:image

次は下関の海沿いを走って到着したのが…

 

 

 


f:id:azuminminzemi:20170715200657j:image

角島大橋


f:id:azuminminzemi:20170715201817j:image綺麗すぎる…!山口にこんな綺麗な海があるなんて正直知りませんでした。

 

f:id:azuminminzemi:20170715202221j:image一面のエメラルドグリーン!

 


f:id:azuminminzemi:20170715202255j:image橋を渡って

 


f:id:azuminminzemi:20170715202532j:image灯台へ

f:id:azuminminzemi:20170715202524j:image上からの景色。空の青と海の青の見事なコントラスト!最っ高~~~!綺麗な海を見るとテンションがブチ上がってしまう東京生まれ東京育ち。

 


f:id:azuminminzemi:20170715230710j:imageそらイカもガンガン回るわけだわ!

 


f:id:azuminminzemi:20170715203429j:imageそんでここが角島のビーチのコバルトブルービーチ!


f:id:azuminminzemi:20170715203708j:imageはしゃぎすぎてたらよく分からない虫に足刺された。




f:id:azuminminzemi:20170715203952j:image
f:id:azuminminzemi:20170715204534j:imageけどそんなことも気にならない気持ちの良さ!

 

 

その後はお土産屋さんで会社へのお土産にふぐせんべいを買おうとしたところ(沢山入ってて安いので)

 

K君「おまんじゅうとお珍味にしなよ。」

K君「俺はおまんじゅうとお珍味がいいと思うけどな。俺は。」

 

まんじゅうは買いました。普通に美味しそうだったから。

 

 

 

さて、依然として1時間半押しは変わらないので萩を泣く泣く諦め、最後の休憩として島内にある“たまカフェ”でお茶することに。
f:id:azuminminzemi:20170715204412j:imageパン屋さんに併設されており、7月8月だけオープンするようです。


f:id:azuminminzemi:20170715211309j:imageアイスコーヒーとレアチーズケーキ。チーズケーキが甘すぎなくて美味しい。

お店の人も気さくで、ブルーベリー狩りの話をしていると「いま長門の方でブルーベリー狩りできるんですよ」と教えてくれました。

f:id:azuminminzemi:20170715214012j:image「昨日オープンして、これ焼いたんでよかったらどうぞ!」といただいたクッキー。

 


f:id:azuminminzemi:20170715214720j:imageそんなこんなで17時前、約2時間半滞在した角島をあとにして宇部空港に向かうことに。

 

 

 

…の前に途中でコンビニに立ち寄ります。あるものをゆうパックで送るためです。

 

それがなにかというと…

 



f:id:azuminminzemi:20170715232824j:image
風立ちぬ


このヒル

 

以前からこのブログを読んでくれていたK君、なんと記事に登場するまいかのファンになっており前にツイッターで見たという



f:id:azuminminzemi:20170715221931j:image
この投稿を受けて土曜日の夜に行った温泉で購入していたのです。やべー奴かって。いきなりこれ送るってそんな。やべー奴かって!おい!

 


f:id:azuminminzemi:20170715222420j:image

案の定しっかり怖がらせてしまいました。

 

f:id:azuminminzemi:20170715222510j:image今では新入りとして仲間に入れてもらっているようで良かったです。

 

 

 

7時になる少し前、山口宇部空港に到着。国際線も飛んでいるということで岩国空港より大きくて空港感のある空港です。
f:id:azuminminzemi:20170715223040j:image

20時5分フライト予定の飛行機までは少し時間があります。

 


f:id:azuminminzemi:20170715223103j:image駐車場の近くでにあった橋

1日目に行ければ錦帯橋を見にいこうと話していて結局行けなかったのですが、それを思い出したK君がこの橋の上で「あっ、錦帯橋!」と言っていったので無事行けたことになりました。良かった~!

 

 

…保安検査場を通らなくては行けないフライト30分前まで約30分、お土産に山口銘菓の「月でひろった卵」を買ったりチーズちくわを買って今度こそ二人で食べたりしました。チーズちくわリベンジ成功!

 

チーちくを食べながら談笑しているとあっという間に7時半になっていて、そろそろ行かなきゃと立ち上がりリュックを背負います。

「じゃあ行くね、ばいばい!」と言いかけると、それまで全然平気だったのが急にとてつもなく寂しくなって。しめっぽくなるのも嫌だから避けていたのに、遂にやってきてしまったさよならにやっぱり耐えられなくて涙が込み上げてしまって。

 

K君「えっwwwwwwwwwドン引きなんだけどwwwwwwwww早く行きな!ほらもう行け!」

 

それまでと変わらない調子のK君と突然号泣する私。そら引くわ。

 

K君に見送られ保安検査場を通り飛行機に乗り込んで、車のなかで一緒に歌ったスピッツのチェリーを聴きながらまたまた泣いていたら隣のお姉さんに「これ使う?泣いちゃった方が楽になるから」と鼻セレブを二つも渡されたのは良い思い出です。ありがとうお姉さん!(めっちゃ恥ずかしかった。)

 

 

 


f:id:azuminminzemi:20170715225747j:image
こうして幕を閉じた今回の二泊三日の旅は、長いようで短い、けれど間違いなく最高の思い出になった時間でした。

なかなか会えない距離にはなってしまったけれど、また会えたときには変わらず、こんな風に楽しく過ごせたら良いなあ。

きっとまた、今度はまいかやズッキーを連れて必ず会いに行くね!3日間本当に本当にありがとう!

 

 

いつも以上に長々と、内容も最後の方は誰が読むんだという感じになってしまいましたが私による私のための備忘録というか思い出のアルバムということでひとつよろしくお願いします!

 

最後に!山口最高!また必ず行くからなー!

 

 

ではまた!

山口広島の旅 1 




 

こんにちは、先日の2泊3日山陽の旅から戻ってまだまだ余韻に浸っていますあづみです。

 

これからこの旅行を“1日目と2日目”、“3日目”の2つの記事に分けてブログを更新したいと思っているのでよろしくお願いします!

 

 

7月7日(金)

 

七夕の夜、もはや手につかない仕事をどうにかこなし定時ダッシュをキメた私が向かうのは羽田空港!会社からは所要時間1時間程度なのでフライトのきっかり1時間前には空港に到着。

手土産を買い込んで20時05分の岩国行きの飛行機に乗り込みます。ちなみに今回の旅行、山口に住む友人K君を訪ねるものでもありその再会は約1年半ぶり。自然と胸も高鳴ります。ワクワクしすぎて寝ようと思ってた飛行機全然寝れなかったしな!

 

離陸は予定時刻ぴったり、着陸に至っては予定より15分ほど早い21時27分。約1時間半の空の旅の末待ちに待った岩国空港へ到着しました!
f:id:azuminminzemi:20170712073914j:image

 

仕事の都合でお迎えが22時半ごろになってしまうということで独り空港で友人を待ちます。

 

22時

 

パッ
f:id:azuminminzemi:20170712074112j:image

!!!?!??!!

電気が消えました。岩国空港の開館時間は夜の10時までだそうです。お~~~~~~~~~~~い!!!!!!!!!!!!!!空港終わっちゃったよ!!!そんなことある?

 

さらに30分後やっとK君が到着、予定通りご飯を食べに“山賊”へ向かいます。
f:id:azuminminzemi:20170712074402j:image

山口県内のみに6店舗を構える、県民で知らない人はいないほどの人気店“山賊”。国道を走っていると一部分だけ空が赤く見えたので友人に訪ねると「山賊があるからじゃないかな、言っとくけど本当にすごいから」と言われたのですが、本当に山賊の明かりで空が赤かったようです。

 

到着した時点で時刻は23時半頃、山口でこの時間にこれだけ明かりが煌々と灯っている場所も他にないんじゃないでしょうか…人もまばらとは言え絶えず入店しており「この時間にこれだけ人いるってすごくない…?」と言いうと食い気味に「すごいよ!」とのこと。

 


f:id:azuminminzemi:20170712081235j:image
コンセプトはその名の通り「山賊」。かつてこの土地に山賊がいたという言い伝えから名づけられたそうです。私が訪れた玖珂町には屋外席がメインの“いろり山賊”のほか、店内に大きな竃がある“竃”、お城風の建物の“桃李庵”の3店舗があり、3店舗合わせると400席を超えるそうです。こんなところがあるとは…すごいぞ山口(バカにしてません)。

 


f:id:azuminminzemi:20170712081313j:image七夕祭りの吹き流しも沢山で豪華絢爛そのもの。


f:id:azuminminzemi:20170712082607j:image時間帯の関係で屋外の席はもう入れなかったので店内の囲炉裏のある座敷にて。

左手にあるのがここいろり山賊の名物、若鳥を炭火で焼き上げた“山賊焼き”、串に豪快にかぶりつくのが最高!!奥にあるのが“ひちりん”なるもので炭火で焼きながらいただきます。“山賊うどん”は出汁がめちゃくちゃうま~い!K君曰く「なんか知ってるんだよな…ああ!セブンのおでんの味だ!」とのことです。やめて~~!

このあと鮎の塩焼きも来ますがそちらは食べることに夢中で写真はありません。食いしん坊ばんざ~い!

  

お腹を満たしたら早々に山賊をあとにし山口市の友人宅へ。ずっと下道を通って帰ったんですが山口ってマジででかいんですね。山口市だけで23区と同じくらいだそうです。って言われてもよく想像つかない。

 

さて、帰宅後は明日に備えて早々に倒れます。おやすみなさい!

 

 

7月8日(土)

 

おはようございます、この日は1日広島観光の予定。市内をさくっと回ったあとは宮島で過ごすことになっています。

 

ちなみに友人宅から広島市街までは125km、今回の旅はオール下道のつもりなので所要時間はざっと3時間です。日帰りです。馬鹿なの?

 

途中はほぼほぼノンストップ、山口市を抜け、防府、周南、岩国と順に市を抜けてきて思ったのですが道や町の感じが市によって違っているのがわかります。面白いなあ。

 

そんなこんなであっという間に

f:id:azuminminzemi:20170712123034j:image

広島市内に入りました。写真は有名な広島の路面電車

 

f:id:azuminminzemi:20170712124444j:image新旧の車両がすれ違います。いい風景だな~。

 

途中市内の天然温泉ほの湯で綺麗さっぱり汗を流して、お腹ペコペコの私たちがやってきたのはここ

f:id:azuminminzemi:20170712124607j:imageお好み焼き長田屋!

 


f:id:azuminminzemi:20170712181547j:image鉄板あつそ~~~~~~~~~~~


f:id:azuminminzemi:20170712181608j:imageそばが間に入っているのが特徴の広島風お好み焼き。あまりに美味しそうで写真に納めるより先に手をつけてしまいました。食いしん坊ばんざ~い!

 

今回私が食べたのは、肉・玉子・生イカ・生エビ・ホタテ・そばの入った海鮮焼き。普段よく食べているふわふわのお好み焼きとは違い薄くてモチモチの生地とモチモチとしたそばの食感が特徴的で、もはやこれは別物の美味しさ。大阪のお好み焼きと並べて食べ比べてみたいですね。

 

あと関係ないのですが、傘立てがめちゃくちゃたこ焼プレートでした。

f:id:azuminminzemi:20170712181628j:image

油もちゃんと敷いてあります。
f:id:azuminminzemi:20170712181740j:imageK君「さりげない大阪へのアンチテーゼだよね。」違うと思います。

 

…やっとのことで本日初めてのまともなご飯を食べた後、広島市内を歩いていると「あっ」と声をあげるK君。
f:id:azuminminzemi:20170712183841j:imageK「ベジタリアンなライオンいるよ」

私「なに食べてるの?」

K「オニオンリング

 

油っぽ~。この調子でボケられていると流石に私も暑さとK君のせいでどうにかなりそうなので次にいきます。

 

 

続いて目指すは宮島厳島神社があることでも有名な場所です。

広電宮島口からもすぐの場所からJRのフェリーが出ており、10分ほどで島へわたることができます。

宮島へはフェリーに車を乗せて渡ることもできますが大体向こうでは必要ないので置いていくのが賢明でしょう。1日1000円の駐車場が近くにあるのでそこに車を停めていざ乗船!


f:id:azuminminzemi:20170712183531j:imageフェリーは9時から16時台は10分間隔(土日祝)で運行しているので安心!どんよりしていますが7.8.9日と3日間完全に雨の予報だったので万々歳です。よっ!晴れ男!

 


f:id:azuminminzemi:20170712184452j:image見えてきた~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!あれがかの有名な厳島神社の大鳥居…!!迫力がすごい。ちなみに潮はかなり引いていて鳥居の足元にも沢山の人が。この時16時頃ですがここから徐々に満ちていくのが楽しみ!

 


f:id:azuminminzemi:20170712184650j:imageどーん!到着!

 


f:id:azuminminzemi:20170712184744j:image島にはこんな感じでそこかしこに鹿がいます。
f:id:azuminminzemi:20170712184831j:image

f:id:azuminminzemi:20170713124926j:image
むちゃくちゃ警戒されてる。

 


f:id:azuminminzemi:20170712185028j:imageこんな感じで活気のある商店街もあります。

 


f:id:azuminminzemi:20170712190001j:image頼んでから目の前でオレンジやイチゴなどの果物と氷をミキサーにぶちこんでガーッとやってくれます。美味しくないわけない。

 


f:id:azuminminzemi:20170712190216j:image
f:id:azuminminzemi:20170712190158j:imageこっちは揚げもみじまんじゅう、さくさくの衣にほくほくのあんこ。やけどするくらい熱いので注意してね!言うことなしに超美味しい!

 


f:id:azuminminzemi:20170713071828j:image2個でなんと400円の焼き牡蠣。手のひらと比べると大きさがわかる。わたしは4口くらいないととても食べられませんでした。プリっプリで噛めば噛むほど旨味がじゅわ~っとでてきて今まで食べた牡蠣のなかで一番美味しい、さすが広島、伊達に牡蠣が有名だって謳ってないぞこれ。

 

 

 

…そして


f:id:azuminminzemi:20170712185347j:image
f:id:azuminminzemi:20170712185517j:imageどん!綺麗な赤!これがあの厳島神社か…!


f:id:azuminminzemi:20170712185624j:image本殿から見える大鳥居。さっきより潮が満ちてきているのがわかります、これがものすごい速い。

 


18時頃、歩き疲れたのでカフェで休憩。(とはいえさっきから食べたり飲んだりしかしてない。)
f:id:azuminminzemi:20170713072404j:image

伊都岐珈琲ファクトリー

フローズンカフェラテを頼んで、じんわり汗をかいた体も程よく冷えた頃、日没の宮島を眺めるために再び鳥居の見える場所へ。

 


f:id:azuminminzemi:20170713073909j:image海になってる。さっきまで陸だったのに。「潮の満ち引き」と言ってしまえばそれだけなんですが、何とも言えない感動があります。すぐ足元にはフグやイシダイが泳いでいました。

 


f:id:azuminminzemi:20170713074354j:image鳥居をくぐる船。

 

 

 

そして日没の19時27分をまわる頃…

 


f:id:azuminminzemi:20170713074647j:image燈籠に明かりが灯ります。ライトアップされた本殿が幻想的。


f:id:azuminminzemi:20170713075120j:imageすっかり日が暮れて暗くなった海の上に厳かに浮かび上がる大鳥居。“神様がいる場所”感がすごい。

 

感動に浸りつつも帰りのフェリーが20時に出るので急いで乗り場へ。

 
f:id:azuminminzemi:20170713075827j:imageあんなに活気のあった商店街は既に静まり返っていました。提灯だけが灯った人のいない商店街はまるで「千と千尋の世界みたい」とK君。

 

 

関係ありませんがフェリー乗り場で見た船が完全にまじ病み丸😞↓↓過ぎて爆笑しました。
f:id:azuminminzemi:20170713081411j:image

 

 

…さて、宮島口に戻り再び車に乗って、夜ご飯とお風呂にしよう!ということで調べると「宮浜温泉べにまんさくの湯」がすぐ近くに。K君は“まん”と言うワードが好きなようで(何故かは分かりませんが…)即決して向かいます。

 

「あんまりお腹空かなくない?」などと言いつつも、かき三昧セットが目の前に出てくると…


f:id:azuminminzemi:20170713082429j:image\ドンッ/

はい完全に美味い。こんなん美味しいに決まってるじゃないですか。お腹空いてないとか嘘。2セット食べられる。左奥から牡蠣の天ぷら、生牡蠣のおろしポン酢、牡蠣の柚子胡椒バター陶板。見事な牡蠣尽くし。え~~~~~~~~~~~???いいの~~~~~~~~~~~!??

こんなにいいの~~~~~~!??!?

 

はい、最高に美味しい夜ご飯のあとはゆっくり温泉に浸かって、本日の旅程をすべて終えたわたしたちはやっと帰路へつきます。もちろんまた3時間かけてです。っはー!運転手つら!助手席最高!(起きてるつもりでしたが終盤寝てしまって本当にごめんなさい)

 

さて、明日は朝から山口のよいとこ巡りの予定!早く寝て備えようということで帰宅後は各々就寝。いよいよ明日が最終日と思うと早いですが充分に楽しめればいいなー!ということでおやすみなさい!

 

 

3日目へ続く

 

 

見つめ合うと素直にお喋り

 

できます。TSUNAMIのようなコミュ力なので。

 

というわけで本日は先週末に行ってきましたサザンオールスターズゆかりの地、鎌倉江ノ島について書きたいと思います!すごい!早い!

 

 

今回の同行者
f:id:azuminminzemi:20170706075449j:image
きつねくん

都内の大学に通う22歳。最近行った教育実習では「笑顔が可愛すぎる」「毎日目の保養でした!」等と言われていた為(私が)ご機嫌である。 

 

 

 

7月1日(土)

 

予定当日の朝です。


f:id:azuminminzemi:20170705181749j:image前日から関東全域に雨や雷雨の予報がでており、朝起きてみると空は予報通り雨模様。金曜日の昼間には「晴れ」の予報が出ていたのですが、あれは希望的観測での予報だったんでしょうか。ということで満場一致(二人)の延期です。

 

 

7月2日(日)

 

おはようございます。

相変わらずの空模様ですが雨が降っていないに越したことはありません、ということで決行!!

なにより今回の目的を果たすためにはもしかすると晴れよりどんより曇ったこの空の方が好都合かもしれません。

というのも…

f:id:azuminminzemi:20170706073440j:image
長谷寺、通称あじさい寺のあじさいを見に行くのが今回のメインイベント!7月3日には剪定があるという事で今のあじさいを見られるのこの日まで、早速向かいます!

 

事前にツイッターで情報収集をしたところ混雑時は1時間待ちが普通、長くて3時間待った人もいるようで、長蛇の列に長時間並ぶことだけは避けようと開門の8時には長谷寺に着くよう6時半に新宿駅で落ち合うことに。会社行くより早い。

 

新宿から戸塚駅で一度乗り換え鎌倉に到着!
f:id:azuminminzemi:20170706075852j:image

長谷駅まではここから江ノ島電鉄線に乗って3駅5分です。朝早いこともありかなり乗車率の低い江ノ電、これはまだ並んでるの30人くらいしかいないんじゃないの?え~~?

 

 

……

 

いました。200人くらいいました。長谷に到着した頃から小雨も降り始めたのですがそれでも後から後からやってくる人、人、人。流石あじさい寺といわれるだけのことはあるんでしょう。

 

しかし開門すればどんどん人が入っていくので、これくらいの人数の内に並べば比較的スムーズに入れるなという印象です。並んでからはものの十数分で境内へ入ることができ、9時半頃には寺院内をあらかた見て回ることができました。

 

あじさい路には色とりどりのあじさいが咲いており、その数は2500株以上。
長谷寺のあじさいは、北鎌倉の明月院極楽寺成就院とともにアジサイの三大名所となっています。
f:id:azuminminzemi:20170706081756j:image
f:id:azuminminzemi:20170706082431j:image

f:id:azuminminzemi:20170706081857j:image

f:id:azuminminzemi:20170706082040j:image

あじさい路の上段からはあじさいと共に由比ヶ浜を眺めることができます。天気がよければもっといい眺望になること間違いなし!

 

 

長谷寺を一通り歩いたあとは同じく長谷にある高徳院へ。

 

f:id:azuminminzemi:20170706124432j:image有名な鎌倉の大仏さんです。

 

f:id:azuminminzemi:20170706183231j:imageどんより

 

 

……


f:id:azuminminzemi:20170706183521j:image迫力がありますね。

 

しばし境内のベンチに腰かけて休憩します。時刻は10時半頃。起床時の4時半からほぼ飲まず食わずのわたしの胃が限界を迎えています。ちなみにきつねさんは朝の4時台に炊き込みご飯を食べてきたそうです。朝の4時台によく食べられたものですね。

 

ちなみにここにはある目的があってきたのですが、無事その目的も果たせたので休憩もそこそこに高徳院をあとにして次なる目的地へ。

 

 

鎌倉へ訪れる少し前にタイミングよくSPOTで公開された記事
【鎌倉観光におすすめ】穴場スポットだらけのサブカルツアー | SPOTで気になっていた「てぬぐいカフェ 一花屋」さんです。
f:id:azuminminzemi:20170706190242j:image 

お店は古民家を改装したもので、畳の部屋に縁側のある空間はまるで夏休みにおばあちゃんの家に遊びに来たよう。めちゃくちゃ落ち着く…!住みたい…!江ノ電のポスタービジュアルのロケ地にも使われた場所だそうですが、店内はさほど混みあっていることもなく(私たちが訪れたときには写真奥の男女二人しかいませんでした)、ゆったりとした時間が流れます。ついつい長居してしまいそう。
f:id:azuminminzemi:20170706190456j:image 

それぞれガトーショコラとアイスコーヒーのセット(850円)、酒粕レモンケーキとアイスコーヒー(900円)のセットをいただきます。ちゃぶ台と座布団がまたいい!庭からただよう蚊取り線香の匂いも落ち着くなあ…

 

酒粕レモンケーキは食べたことのない味 …!好き嫌いはわかれそうかな?という印象でしたがわたしは食べ進めるうちにハマりました。今思い出しても食べたい。彼に一口もらったガトーショコラももちろん美味しくて満足!

 
f:id:azuminminzemi:20170708090052j:image

知らず知らずのうちに時間が経っていたようで気づくと人も増えてきていたので退店。鎌倉に行った際には是非再訪したいと思います!

 

 

さて、お昼時になりそろそろご飯を食べよう!…ということで腰越駅にある「しらすや」さんに本当はお邪魔しようとしたのですが、残念ながら生しらすが終わっていたのと店前で待っている人のハチャメチャな人数を見て早々に諦め

 

江ノ島行っちゃうか!」

 

ということに。

時刻はこの時点で13時過ぎ頃、果たして生しらすが残っているのかという一抹の不安を胸に再び江ノ電に乗り込みます。

 

…そんなこんなで江ノ島駅に到着!橋を渡り江ノ島に着いた頃には空腹により体力が限界に達しました。一番暑い時間ということもあり、「もう登れない無理」「気持ち悪くて死ぬ」と連発しながらもしらす丼にありつくために必死に階段を上った結果、、、

 


f:id:azuminminzemi:20170708092824j:imageやった~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!

やっとご飯にありつけました。生しらすと釜揚げしらすのハーフ丼です。最高。美味すぎる。空腹が最高のスパイスとはこういうことですね。窓側の席で海を眺めながらいただきました!エネルギーチャージ完了!

 

ということで行きは見向きもせず通りすぎてきた景色を見つつ今度は下ります。


f:id:azuminminzemi:20170708093142j:image

長谷寺も良かったのですが江ノ島でも随所にあじさいが咲いています。後ろの氷の文字がいい味を出してますね。


f:id:azuminminzemi:20170708093533j:image暑くてバテている猫に

 


f:id:azuminminzemi:20170708093601j:image頭上には餌を狙ってこちらを見ているとんびも。一度頭上を超低空飛行されたときは無茶苦茶ビックリしました。あんなでかい猛禽類がいきなり頭上を通ったら普通にビビる。

 

 

江ノ島からの帰りは橋の中腹まで渡してくれる船に乗ります。楽チーン!いえーい!

 

江ノ電鎌倉駅まで帰ってきたあとは最後の最後に小町通を歩きます。食べたかった鎌倉コロッケは本日売り切れの貼り紙がしてありました。無念。

 

彼曰く「抹茶の濃さが選べるアイスやさんがあったんだよなー」とのことで、目指します。暑いから。

本日2度目のアイスタイムです。

 

抹茶のレベルは1から5が選べるのですがわたしは3、彼は5を選択。こういう時チャレンジ精神旺盛なきつねくん。結果わたしも5の方が好きでした。全然苦くなく抹茶の美味しく感じるギリギリの濃さというか、絶妙な加減です。甘いものに関しては外さないきつねくんです。

 

甘いもので締めたところで小雨が降り始めたので、本降りにならないうちに都内へ引き返します。ということで、ありがとう鎌倉~!

 


f:id:azuminminzemi:20170708103254j:image早朝から1日歩き回ったのでくたくたになり帰りの電車では爆睡。とはいえ、きつねくんとは休日に1日時間をとってどこかへ出掛けるのが初めてだったのでとても楽しかったです。またどこかへ、今度は泊まりで旅行に行こうという計画もあるので(多分)その時はまたこのブログの読者3187645人の方の為にもブログにアップしようと思います!

 

それではまた!

ゴールデンボンバー 福岡遠征の巻3




生きています。

 

旅行から半年経ちましたが今だ記事が上がらず、読者の皆様には大変心配をお掛けしてしまったことと思います。すみません。実際に「記事楽しみにしていますね!」「本当に生きていらっしゃいますか?」「書かないならブログを閉鎖して」「死ね」などとご心配のお声と暖かい応援のメールも届いており(0件)、読者の方からの声に応えなくては、と筆を執った次第です。

 

友人からも楽しみにしているとの声が


f:id:azuminminzemi:20170620183107j:image
f:id:azuminminzemi:20170620183118j:image



薄れゆく、を通り越してもはや消えてしまった記憶を頼りに頑張ります。

 

 

 

1月9日(月)3日目

 

朝9時頃、中洲川端のホテルを後にした私たちは意気揚々と博多駅を目指しました。なぜ博多の駅かって?



f:id:azuminminzemi:20170702060005j:image

途方に暮れました。何を隠そうここグルメの街福岡、美味しいものに溢れているものの案外観光地という観光地が少なく2日間で行きたいところを行き尽くしてしまったんです。

そして駅のタリーズコーヒーで約1時間話し合った結果、、、

 

 


f:id:azuminminzemi:20170620184353j:image

ド田舎に到着しました。海ノ中道駅です。

博多駅からはJR鹿児島線香椎線を乗り継いで約40分で到着します。




f:id:azuminminzemi:20170702060236j:image海ノ中道海浜公園

全国で5番目にできた国営公園であり公園内は広くいくつかのエリアがあるのですが、ここが以外にめちゃめちゃ広い。

バラ園や大芝生広場、カピバラなどの小動物をメインとした動物の森、流水プールなど6つのプールにドッグランエリア、極めつけには水族館まであります。

 

レンタサイクルができるということでまずは二人乗りの自転車をレンタルし公園内をサイクリングしてみることに。



f:id:azuminminzemi:20170702060345j:image
何もありません。イノシシとかでそ

う。


f:id:azuminminzemi:20170702060447j:image

不気味のぶ、、?


f:id:azuminminzemi:20170702060542j:image

え~、、同じところ通ってないの~、、?ねえってば~、、

 

 

……

   

f:id:azuminminzemi:20170702060826j:imageどうぶつの森に到着しました。


f:id:azuminminzemi:20170703181401j:imageやった~~~~~~~~~~~

 

f:id:azuminminzemi:20170702060959j:image見慣れた動物たちですが、東京から遠く離れた地の福岡でお目にかかることになるとは思いませんでした。福岡で見ても可愛いですね。



f:id:azuminminzemi:20170702061245j:image
月曜日と言うこともあり人はまばら、ゆっくりと静かな動物園を楽しむことができるのも都内の動物園では出来ない体験だったかもしれません。

 

突如現れた飼育員のお兄さん、ラマの女の子とロバの男の子を紹介してくれました。


f:id:azuminminzemi:20170702061625j:image飼「この子は頑張ればちゅーしてくれるんですよ」


f:id:azuminminzemi:20170702061745j:imageひょえ~~~~~~~~~~~可愛い!(主にお兄さんが)

f:id:azuminminzemi:20170702061402j:image飼「向こうにいるのがこの子の彼女です。彼女には嫌われてるんです。」


f:id:azuminminzemi:20170702061503j:image飼「その奥にいるのがその前の彼女です。でもあの子にも嫌われてるんです、、」

 

二頭ともお兄さんが大好きなようで自転車で去り行く背中をいつまでも見つめていました。

 

他にも可愛いのメーターが振りきれてしまっているリスザルや、、
f:id:azuminminzemi:20170703181059j:image

澄んだ瞳でこちらを見つめるヤギさんなどに出会うことができます。
f:id:azuminminzemi:20170703181146j:image

 

 

ちなみにサイクリングロードに面した動物園の入り口では係員のおじさんが竹トンボで遊んでいました。自由かって。

 
f:id:azuminminzemi:20170703181601j:image一緒にやりました。全然飛ばせないまいか。

 



f:id:azuminminzemi:20170703181827j:image時間に限りがあるので再び二人乗りの自転車
に跨がり最初の地点を目指します。

 

動物園を出てからはわたしが前に乗ったのですがあとからまいかさんに話を聞いたところ「死ぬかと思った」との事でした。なにがあったんでしょうか、、、

 


f:id:azuminminzemi:20170703182621j:image再び電車に乗り込み博多駅へ。車中での主な会話は「めっちゃ可愛かったね(お兄さんが)」「ね、すごい可愛かった(お兄さんが)」というようなものでした。

 

博多駅へ到着した後は、帰りの飛行機(まいかさんは交通費を浮かせるため夜行バスを取ろうとした結果探すのが遅すぎた為にわたしより時間とお金をかけて新幹線で帰りました)に乗る前に福岡で最後の腹ごしらえ!

 
f:id:azuminminzemi:20170703182113j:image博多らーめん ShinShin KITTE博多店

人気店のようで行列ができているのも珍しくはないとのことですが、今回は若干夜ご飯の時間とずらしたからか待ち時間は0!

麺はバリカタをチョイス、コシのある細麺とあっさり目のトンコツスープが絡み合って絶妙に美味い、、!たっぷりの青ネギとキクラゲに旨味たっぷりのチャーシューがまたなんとも言えません。そのなんとも言えなさといったら半年経って書いているのにあの味を思い出して今から羽田空港に向かおうかと思っているくらいです。餃子も頼んでいるはずなのに(まいかさんはチャーハンとセット)しっかり替え玉もしてごちそうさま!

 

いっぱいになったお腹を抱えながら駅でお土産を購入したまいかちゃんと別れます。約5時間もの時間と22,590円もの交通費を費やして帰った友人には惜しみない賞賛を送りたいものですね。

 

わたしも空港へ向かいお土産を調達して飛行機に乗り込みます。東京までは何故か10分程度で着きました。便利な世の中になりましたね。

 


f:id:azuminminzemi:20170703185710j:image

…いかがでしたでしょうか?読んでいただいた皆様におかれましては、半年間の福岡の旅を存分にお楽しみいただけたことかと思います。

 

ところで来週末には二泊三日の広島山口の旅を予定しているのですが、是非そちらの記事も(更新されるかどうか)楽しみにしていてください!

 

長くなってしまいましたがこれにて二泊三日の福岡遠征を本当に終えることができます!皆さんも死ぬほど美味しいものが死ぬほど食べたくなった際には是非グルメの街福岡へ足を運んでみてくださいね!ではまた!

 

ゴールデンボンバー 福岡遠征の巻2


 

1日目のブログ更新からめちゃめちゃ時間が経ってしまいましたが、なにしろ遠征が完結していない為福岡に行ったきり帰ってこれずに死んだのかな?と皆々様にご心配をかけると思うと最近夜も眠れなくなってきたので、書きます。もう忘れかけてますけど。

 

1月8日(日) 2日目

 

おはようございます。2日目の朝です。


f:id:azuminminzemi:20170208071719j:image

 

どこの駅でしょうかね、忘れました。どこかの駅です。こっからどこかに行きます。楽しそうですね。

 

まいかさんは以前にも福岡に来たことがあるらしく「天気が良いなら大濠公園気持ちいいよ!ボートもある!」 とのことで早速向かいます。


f:id:azuminminzemi:20170208072435j:image

こちらの写真は私が首から下げたカメラを頭の上から後ろに向けてふいに撮った写真なのですが見事完璧に収まりました。一瞬でポーズを決めるまいかさん。

 

さて、大濠公園に到着して意気揚々とボート乗り場を目指します。

「今日は休みなのにボート乗ってる人全然いないね~!貸し切りじゃ~~~~~~~ん!イェーイ!!!!!!!!ポポポポポ~~~~~!!!!!!!!」

 

f:id:azuminminzemi:20170208073630j:image

やってませんでした。

 

 


f:id:azuminminzemi:20170208210421j:image

 

f:id:azuminminzemi:20170208073730j:image

 

f:id:azuminminzemi:20170208073750j:image

鳥がいました。

 


f:id:azuminminzemi:20170208073934j:image

鳥がたくさん止まっている木です。

 


f:id:azuminminzemi:20170208074118j:image

柳の木の下に化けて出た友人。

 
f:id:azuminminzemi:20170208074159j:image
f:id:azuminminzemi:20170208074216j:image

釣り禁止区域と釣り許可区域。

別に福岡まで来てやることではないと思います。

 
f:id:azuminminzemi:20170208074550j:image

そういう時はスノウをします。なぜなら若い女の子はそういうものだからです。最近になってハマったんだ~と別の友人に言ったら「今更?!」と言われたんですがそれは気にしないことにします。

 

f:id:azuminminzemi:20170208074914j:image

ちなみに大濠公園には「路面のクオリティが高い道」があるので、そういうのが好きな人は行ってみてください。

 

さて、昨日より開場/開演が共に1時間早いため中洲川端まで引き返します。

f:id:azuminminzemi:20170208235022j:image

お昼ご飯にはわたしはひつまぶし、まいかさんは味噌カツを食べました。一応言っておくとお昼ご飯のために名古屋に移動したわけではないです。

 


f:id:azuminminzemi:20170208235112j:image

会場到着

 

もうさいたまスーパーアリーナでのファイナル公演が終わっているのでネタバレをすると

 

1日目 影アナ歌広場/ペンキ歌広/Wアンコ告っchao!

2日目影アナ研二/ペンキ研二/WアンコSick Lady…たぶん

 

1日目には研二の甥っ子(4歳)が遊びに来ていたそうで、ライブ終了後に「研二はすぐうんこ投げるけん好かん!うんこは投げたらいかんとよ!」と言われたそうで、本人は「36歳だからわかりまぁ~す!」と言ってました。信じたいですね。

 

他にはGLORY LOVEの「連日のハードな練習のせいで」の台詞が「昨日辛子明太子を食べ過ぎたせいで」になっていたり

 

同じ日程で嵐が福岡でライブをしていたことから

「嵐さんのライブ外れたから来たよーって方!」「翔、櫻井です!お~もいでずっとずっと!」

松潤もいいけど歌淳もよろしく!嵐を起こしていこうぜ!」

と、嵐ネタの嵐でした。ちなみにキリショーのお母さんは嵐のFCに入っているとのことで甥っ子とライブに行ったそうです。良く当たったなー。

 

と、まあツアーのネタバレはツイッターやら各種SNSに上がりまくっているのでそちらを漁ったりなんなりするともっと詳しくわかるんじゃないでしょうか。

 

さてライブ後会場を出てみるとまたしても雨、研二さんのBDタオルを頭にかぶり濡れながら駅を目指しつつ、夜ご飯のお店を探します。赤坂駅に無事良さげなもつ鍋のお店を見つけ予約完了!8時過ぎ頃からの予約ということでその間は赤坂のスターバックスで温かいものを飲みながらライブの感想を語ります。

 

f:id:azuminminzemi:20170208124219j:image

 

あ「昨日さあ、喜矢武さんが可愛いって言ってたじゃん。ああいうちょこちょこしてるのが可愛いって。」

ま「うん」

あ「今日歌広に惹かれてなかった?」

ま「なんでわかったの!?」

あ「分かるよwwwwwwwwwwww」

ま「目で追ってた?」

あ「最後終わったあと思いっきり追ってたね、分かるよそりゃ」

 

と、そんな会話をしつつ予約の時間もそろそろということでお店に向かいます。

まいかさんには是非このままズブズブ金爆沼にはまってもらいたいですね。よろしくお願い致します。

 

さて、福岡と言えば美味しいものが多いことで有名ですがやはりなんといっても一番に思い浮かべるものはぷりっぷりのモツが入った「もつ鍋」ではないでしょうか。

 

今回お邪魔したのは赤坂駅から徒歩3分の もつ竜akasaka さん。

 

もつ鍋の味は「あっさり塩とんこつ」「伝統の醤油」「こくまろ味噌」「辛口味噌」「創作豆乳」の5種類。ここは定番の醤油を選びます。

f:id:azuminminzemi:20170208124811j:image

モツは小腸、丸腸、ハツ(心臓)、コリコリ(心臓の付け根の大動脈)の4種類。ちなみにわたしは脂のたっぷり乗った小腸が一番好きなんですが、脂の多さゆえにあまり量がいけないんです。惜しいなあ。


f:id:azuminminzemi:20170208124819j:image

こちらは同じく福岡名物辛子明太子、辛さのなかにしっかりと旨味があって最高です。毎日おにぎりの具にしたいな~。


f:id:azuminminzemi:20170208190026j:image

そんなこんなでしっかりと2days公演後に打ち上がりました。美味しいもつ鍋にお酒も入りもうあとはホテルに戻って寝るだけです。 あした1日全くどこに行くか何をするか予定を立てていませんがきっとなんとかなるでしょう。

f:id:azuminminzemi:20170208124909j:image

それでは金テープに埋もれる私で失礼します。

 

3日目に続く。

 

ゴールデンボンバー 福岡遠征の巻

 

明けましておめでとうございます。
f:id:azuminminzemi:20170123231643j:image初日の出

私は毎年家族で九十九里の方へ初日の出を見に行くのですが、今年の初日の出も綺麗でした。しかしなかなか雲ひとつない絶好のロケーションには恵まれず…いつか最高の初日の出がみられる年が来ればいいなと願っているんですがさて

 

前回からだいぶ間が空いてしまったのですが、本日は先日のゴールデンボンバー福岡遠征について書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

 

今回の遠征の同行者f:id:azuminminzemi:20170123183321j:image【まいか】

沖縄旅行にも一緒に行った友人であり、三度の飯より通りもんが好き。今回は「通りもんと旅する福岡」を目標に掲げているのでそこも見所(?)です。

 

 

1月7日(土) 1日目

 

朝06時05分成田発の飛行機に乗り、8時過ぎに福岡空港に到着した私達。流石に早すぎて何もすることがないので、まずは天神で暇をつぶしつつ適当に腹ごしらえをしたり、これからの予定を立てたりします。


f:id:azuminminzemi:20170123192949j:imageちなみにこちらは暇つぶしの1つで撮った写真です。天神の街中に恐らく100人以上の小峠がいました。

 

11時頃、そろそろ駅の回りにも人が増えてきたところで天神駅のコインロッカーに荷物を放り込み太宰府天満宮へ!


f:id:azuminminzemi:20170123200708j:image西鉄天神のホームって面白いんですね。降車専用のホームと乗車専用のホームがあって新鮮でした。

 

そして次の駅薬院に到着…したところでわたしがコンタクトをしていなかったことに気付き天神に逆戻り、一度閉めたコインロッカーを開けまた閉めるという思い付くなかでも上位に食い込む金の無駄遣いをし(その節は大変ご迷惑をお掛けしました)、およそ30分のタイムロスをしながらもお昼過ぎになんとか太宰府に到着!


f:id:azuminminzemi:20170123203744j:image

 

年が明けてまだ1週間と言うこともあり、境内は初詣に訪れる人で溢れかえっていました。初詣の際には九州はもとより日本全国から毎年200万人以上、年間にすると850万人以上の人が訪れるそうです。


f:id:azuminminzemi:20170123210021j:image

 

また太宰府天満宮には学問の神として広く知られる菅原道真公が祀られていて、毎年多くの受験生が訪れることでも有名。わたしも高校受験を控える妹がいるのでお守りを購入!

 

表参道では名物梅ヶ枝餅を食べたり
f:id:azuminminzemi:20170123203925j:image

 

めちゃめちゃ美味しいから揚げ(柚子胡椒)を食べたりして軽く腹ごしらえをしました!
f:id:azuminminzemi:20170123205952j:image

 

 

そしてぼちぼち本日のライブの開場時間に合わせて会場の福岡国際センターに向かいます。

国際センターまでは呉服町駅から徒歩13分、会場のすぐ目の前まで来たところで小雨が降りだしたので急いで会場内へ。

 


f:id:azuminminzemi:20170123212011j:imageJustin bomber

 

およそ2時間半超のライブが終わりヘトヘトになった私。ライブの内容はネタバレ厳禁のため詳しくは書けませんが、隣のまいかもお腹が痛くなるほど笑ったと言ってくれていたので良かったです。気になる人はまだ2月4日の埼玉公演がチケットあるみたいなので是非!

 

さて、はちゃめちゃに楽しかったライブなのですが2列目という最高の席だったせいもあり若干テンションを上げすぎてしまったわたしの首が死にかけました。斜め45°上方向に首を曲げていないと首が安定せず、うまく自分の頭を支えきれなくなったのか首がずっと前後にかくかく動きます。これはやばい。

 

いい加減痛さと気持ち悪さとで我慢の限界なので、この日ホテルをとった久留米までとりあえず一旦帰ることに。

一度ホテルにチェックインし申し訳ないけど一休みさせて…とまいかに謝り一眠り。しかしやはりお腹は空くもので、夜ご飯を食べなければ今日が終わらない!美味しいものがいっぱいの福岡なら尚のこと!

 

もう体力が0を下回った体に鞭をうちホテルを出た私たちは(主に私)、先程駅から歩いてきた道で見つけた美味しそうなラーメン屋さんに入ることに。去年の10月の握手会でも「ラーメンはどこ行っても美味しいから是非食べてみて!」と研二さんに言われていたのでこれは期待…!

 

f:id:azuminminzemi:20170123222808j:imageお伺いしたのは駅前アーケード「一番街」入口の「麺志」さん

麺志

 

スープはあっさりとこってりの二種類が選べ、ご当地おつまみやお酒も楽しめるとのこと。

私達は二人ともこってりをチョイス!にんにくの効いた濃厚な豚骨スープがかための細麺にしっかりと絡んで口の中へ。程好く脂の乗った柔らかいチャーシューもめちゃめちゃ美味しい。中央の辛味噌を溶くとそれがまたアクセントになってもうたまらん!本場のとんこつラーメンは初めて食べましたがスープも麺もめちゃめちゃ美味しくてぺろっと完食!

 

ゆっくりお酒と共に料理を楽しむのもいいですが、疲れているときはカウンター席でラーメンをぱぱっとすすってばーっと帰ってばたんと寝るのも最高ですね。

 

言うまでもなくこの日はこのあとホテルに戻って死んだように寝ました。

 

今日の学び

【ラーメン食べても首は痛い】

 

 

2日目に続く