あづみちゃんの日記

あづみんみんぜみ

9/15 シン・ゴジラ発声可能上映に行ってきた

大ヒット上映中のシン・ゴジラ、わたしも9月の初めに1度普通上映で観てきたばかりなわけだが9月15日に全国25劇場で発声可能上映とやらをやるらしいじゃないか。なんだそれは。という事で「こんなのやるんだけど行かない?」と情報をくれた会社の先輩に行きますと二つ返事で返し、情報収集。
上映後にはTOHOシネマズ新宿から全国中継で、松尾諭さん、高橋一生さん、市川実日子さん、庵野監督が登壇予定の舞台挨拶も行われるという事で早速チケットを購入。
ちなみに実際に舞台挨拶が行われるTOHO新宿のチケットは30秒で売り切れたらしい。そりゃそうだろう。(無謀にも挑んだが当たり前の如く散った。)



ついこのあいだ流行りに流行った“キンプリ応援上映”なるものと形式は似たようなものらしい。しかしなにせこの映画、ライブのシーンもなければ全体の雰囲気で言えばシリアスに分類されるようなもの、どんな事になるのか予想がつかない。おまけにわたしは応援上映の先駆けともいえる“キンプリ”も結局観ていないので本当に分からない。そもそもなんなんだ、映画館で応援って。



当日は先輩がチケットを取ってくれたさいたま新都心で観劇。あ~~!もう!本当にありがとうございます!画面越しだけど一生くんに会える!会えるよ!
上映10分前になると入場口手前は人がごった返し、さながらライブ会場に来たようである。12番スクリーン前に広がる異様な光景。頭にはゴジラの被り物、手にはサイリウム、「巨災対」「無人在来線爆弾」等と切り貼りしてある手作りのうちわ。シュールだ、観劇というよりもはや参戦だろう。
あの被り物はドン◯ホーテで3000円で買ったやつだろうと思うが、高いんだか安いんだか分からない金のかけ方である。




f:id:azuminminzemi:20160921223336j:plain
入場の際に配布された「作戦要項」、発声目標位置ってなんだ。



席につき、皆サイリウムを光らせる。指示があるわけではないが赤が大半を占めている。赤はゴジラのイメージカラーなのだろうか。
上映が始まり、スクリーンに東宝」と映し出される。



東宝ー!!!!!!!!!!」


えっそこからなの?

続いて映し出される「映倫」の文字。



映倫~~~~~~!!!!!!!!!!」


そこかららしい。

頭上に降り注ぐ映倫の雨。後にも先にも映倫が頭の上に降ることはもう無いと思うと貴重な体験をしたものだ。誇りである。



それからはとにかく名台詞の反復や、役名を呼んだり、「え~!?」だの「うわ~!!!!」だの何でもあり。



なんと言っても劇中何度も登場する「総理!ご決断を!」のシーン。ご決断を迫られる大河内総理。困る大杉漣。可愛い。
そして劇中の「ご決断を!」に合わせて「総理ー!」「ご決断をー!」と叫ぶ500人の観客。500人が「総理ー!」である。全国で数えれば約12500総理ー!ということになる。すごい。シュールを通り越して圧巻される。

こんな感じが終幕まで続き暇がないのでこれ以降は省略する。



f:id:azuminminzemi:20160921224357j:plain
こんなものも貰った。

ちょうどこの日から配布が開始されていたようでラッキーだったが、使い所が分からないので会社の作業服に巨災対のステッカーでも貼っておこうと思う。
これで巨災対のメンバーと一緒に仕事をしている気分にひたる。尾頭さんがネックレスを直し、安田くんが指輪のサイズ直しをするのだ。
安田くんが「残業終わったら一杯だけ行きませんか」と誘ってくる。んー、まだ仕事が残ってるし、と言うと「手伝いますから、一杯だけ、奢るからどうですか、行きましょうよ」と返してくる。じゃあちょっとだけ、と乗ると結局一杯では飽き足らず、仕事の愚痴や恋愛話をつまみに二杯三杯と飲んでしまう。酔っぱらってしまった私の肩を支えながら「帰りますよー」と言う安田くんは、仕事中閉めている第一ボタンを外しネクタイを少し緩めている。妙に色っぽくてなんだか帰したくなくなる。明日も仕事がある。また明日ね、と軽く笑って別れを告げる。明日は木曜日。祝日。なのにわたしは出勤。仕事行きたくないなあ。