あづみちゃんの日記

あづみんみんぜみ

山口広島の旅 1 




 

こんにちは、先日の2泊3日山陽の旅から戻ってまだまだ余韻に浸っていますあづみです。

 

これからこの旅行を“1日目と2日目”、“3日目”の2つの記事に分けてブログを更新したいと思っているのでよろしくお願いします!

 

 

7月7日(金)

 

七夕の夜、もはや手につかない仕事をどうにかこなし定時ダッシュをキメた私が向かうのは羽田空港!会社からは所要時間1時間程度なのでフライトのきっかり1時間前には空港に到着。

手土産を買い込んで20時05分の岩国行きの飛行機に乗り込みます。ちなみに今回の旅行、山口に住む友人K君を訪ねるものでもありその再会は約1年半ぶり。自然と胸も高鳴ります。ワクワクしすぎて寝ようと思ってた飛行機全然寝れなかったしな!

 

離陸は予定時刻ぴったり、着陸に至っては予定より15分ほど早い21時27分。約1時間半の空の旅の末待ちに待った岩国空港へ到着しました!
f:id:azuminminzemi:20170712073914j:image

 

仕事の都合でお迎えが22時半ごろになってしまうということで独り空港で友人を待ちます。

 

22時

 

パッ
f:id:azuminminzemi:20170712074112j:image

!!!?!??!!

電気が消えました。岩国空港の開館時間は夜の10時までだそうです。お~~~~~~~~~~~い!!!!!!!!!!!!!!空港終わっちゃったよ!!!そんなことある?

 

さらに30分後やっとK君が到着、予定通りご飯を食べに“山賊”へ向かいます。
f:id:azuminminzemi:20170712074402j:image

山口県内のみに6店舗を構える、県民で知らない人はいないほどの人気店“山賊”。国道を走っていると一部分だけ空が赤く見えたので友人に訪ねると「山賊があるからじゃないかな、言っとくけど本当にすごいから」と言われたのですが、本当に山賊の明かりで空が赤かったようです。

 

到着した時点で時刻は23時半頃、山口でこの時間にこれだけ明かりが煌々と灯っている場所も他にないんじゃないでしょうか…人もまばらとは言え絶えず入店しており「この時間にこれだけ人いるってすごくない…?」と言いうと食い気味に「すごいよ!」とのこと。

 


f:id:azuminminzemi:20170712081235j:image
コンセプトはその名の通り「山賊」。かつてこの土地に山賊がいたという言い伝えから名づけられたそうです。私が訪れた玖珂町には屋外席がメインの“いろり山賊”のほか、店内に大きな竃がある“竃”、お城風の建物の“桃李庵”の3店舗があり、3店舗合わせると400席を超えるそうです。こんなところがあるとは…すごいぞ山口(バカにしてません)。

 


f:id:azuminminzemi:20170712081313j:image七夕祭りの吹き流しも沢山で豪華絢爛そのもの。


f:id:azuminminzemi:20170712082607j:image時間帯の関係で屋外の席はもう入れなかったので店内の囲炉裏のある座敷にて。

左手にあるのがここいろり山賊の名物、若鳥を炭火で焼き上げた“山賊焼き”、串に豪快にかぶりつくのが最高!!奥にあるのが“ひちりん”なるもので炭火で焼きながらいただきます。“山賊うどん”は出汁がめちゃくちゃうま~い!K君曰く「なんか知ってるんだよな…ああ!セブンのおでんの味だ!」とのことです。やめて~~!

このあと鮎の塩焼きも来ますがそちらは食べることに夢中で写真はありません。食いしん坊ばんざ~い!

  

お腹を満たしたら早々に山賊をあとにし山口市の友人宅へ。ずっと下道を通って帰ったんですが山口ってマジででかいんですね。山口市だけで23区と同じくらいだそうです。って言われてもよく想像つかない。

 

さて、帰宅後は明日に備えて早々に倒れます。おやすみなさい!

 

 

7月8日(土)

 

おはようございます、この日は1日広島観光の予定。市内をさくっと回ったあとは宮島で過ごすことになっています。

 

ちなみに友人宅から広島市街までは125km、今回の旅はオール下道のつもりなので所要時間はざっと3時間です。日帰りです。馬鹿なの?

 

途中はほぼほぼノンストップ、山口市を抜け、防府、周南、岩国と順に市を抜けてきて思ったのですが道や町の感じが市によって違っているのがわかります。面白いなあ。

 

そんなこんなであっという間に

f:id:azuminminzemi:20170712123034j:image

広島市内に入りました。写真は有名な広島の路面電車

 

f:id:azuminminzemi:20170712124444j:image新旧の車両がすれ違います。いい風景だな~。

 

途中市内の天然温泉ほの湯で綺麗さっぱり汗を流して、お腹ペコペコの私たちがやってきたのはここ

f:id:azuminminzemi:20170712124607j:imageお好み焼き長田屋!

 


f:id:azuminminzemi:20170712181547j:image鉄板あつそ~~~~~~~~~~~


f:id:azuminminzemi:20170712181608j:imageそばが間に入っているのが特徴の広島風お好み焼き。あまりに美味しそうで写真に納めるより先に手をつけてしまいました。食いしん坊ばんざ~い!

 

今回私が食べたのは、肉・玉子・生イカ・生エビ・ホタテ・そばの入った海鮮焼き。普段よく食べているふわふわのお好み焼きとは違い薄くてモチモチの生地とモチモチとしたそばの食感が特徴的で、もはやこれは別物の美味しさ。大阪のお好み焼きと並べて食べ比べてみたいですね。

 

あと関係ないのですが、傘立てがめちゃくちゃたこ焼プレートでした。

f:id:azuminminzemi:20170712181628j:image

油もちゃんと敷いてあります。
f:id:azuminminzemi:20170712181740j:imageK君「さりげない大阪へのアンチテーゼだよね。」違うと思います。

 

…やっとのことで本日初めてのまともなご飯を食べた後、広島市内を歩いていると「あっ」と声をあげるK君。
f:id:azuminminzemi:20170712183841j:imageK「ベジタリアンなライオンいるよ」

私「なに食べてるの?」

K「オニオンリング

 

油っぽ~。この調子でボケられていると流石に私も暑さとK君のせいでどうにかなりそうなので次にいきます。

 

 

続いて目指すは宮島厳島神社があることでも有名な場所です。

広電宮島口からもすぐの場所からJRのフェリーが出ており、10分ほどで島へわたることができます。

宮島へはフェリーに車を乗せて渡ることもできますが大体向こうでは必要ないので置いていくのが賢明でしょう。1日1000円の駐車場が近くにあるのでそこに車を停めていざ乗船!


f:id:azuminminzemi:20170712183531j:imageフェリーは9時から16時台は10分間隔(土日祝)で運行しているので安心!どんよりしていますが7.8.9日と3日間完全に雨の予報だったので万々歳です。よっ!晴れ男!

 


f:id:azuminminzemi:20170712184452j:image見えてきた~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!あれがかの有名な厳島神社の大鳥居…!!迫力がすごい。ちなみに潮はかなり引いていて鳥居の足元にも沢山の人が。この時16時頃ですがここから徐々に満ちていくのが楽しみ!

 


f:id:azuminminzemi:20170712184650j:imageどーん!到着!

 


f:id:azuminminzemi:20170712184744j:image島にはこんな感じでそこかしこに鹿がいます。
f:id:azuminminzemi:20170712184831j:image

f:id:azuminminzemi:20170713124926j:image
むちゃくちゃ警戒されてる。

 


f:id:azuminminzemi:20170712185028j:imageこんな感じで活気のある商店街もあります。

 


f:id:azuminminzemi:20170712190001j:image頼んでから目の前でオレンジやイチゴなどの果物と氷をミキサーにぶちこんでガーッとやってくれます。美味しくないわけない。

 


f:id:azuminminzemi:20170712190216j:image
f:id:azuminminzemi:20170712190158j:imageこっちは揚げもみじまんじゅう、さくさくの衣にほくほくのあんこ。やけどするくらい熱いので注意してね!言うことなしに超美味しい!

 


f:id:azuminminzemi:20170713071828j:image2個でなんと400円の焼き牡蠣。手のひらと比べると大きさがわかる。わたしは4口くらいないととても食べられませんでした。プリっプリで噛めば噛むほど旨味がじゅわ~っとでてきて今まで食べた牡蠣のなかで一番美味しい、さすが広島、伊達に牡蠣が有名だって謳ってないぞこれ。

 

 

 

…そして


f:id:azuminminzemi:20170712185347j:image
f:id:azuminminzemi:20170712185517j:imageどん!綺麗な赤!これがあの厳島神社か…!


f:id:azuminminzemi:20170712185624j:image本殿から見える大鳥居。さっきより潮が満ちてきているのがわかります、これがものすごい速い。

 


18時頃、歩き疲れたのでカフェで休憩。(とはいえさっきから食べたり飲んだりしかしてない。)
f:id:azuminminzemi:20170713072404j:image

伊都岐珈琲ファクトリー

フローズンカフェラテを頼んで、じんわり汗をかいた体も程よく冷えた頃、日没の宮島を眺めるために再び鳥居の見える場所へ。

 


f:id:azuminminzemi:20170713073909j:image海になってる。さっきまで陸だったのに。「潮の満ち引き」と言ってしまえばそれだけなんですが、何とも言えない感動があります。すぐ足元にはフグやイシダイが泳いでいました。

 


f:id:azuminminzemi:20170713074354j:image鳥居をくぐる船。

 

 

 

そして日没の19時27分をまわる頃…

 


f:id:azuminminzemi:20170713074647j:image燈籠に明かりが灯ります。ライトアップされた本殿が幻想的。


f:id:azuminminzemi:20170713075120j:imageすっかり日が暮れて暗くなった海の上に厳かに浮かび上がる大鳥居。“神様がいる場所”感がすごい。

 

感動に浸りつつも帰りのフェリーが20時に出るので急いで乗り場へ。

 
f:id:azuminminzemi:20170713075827j:imageあんなに活気のあった商店街は既に静まり返っていました。提灯だけが灯った人のいない商店街はまるで「千と千尋の世界みたい」とK君。

 

 

関係ありませんがフェリー乗り場で見た船が完全にまじ病み丸😞↓↓過ぎて爆笑しました。
f:id:azuminminzemi:20170713081411j:image

 

 

…さて、宮島口に戻り再び車に乗って、夜ご飯とお風呂にしよう!ということで調べると「宮浜温泉べにまんさくの湯」がすぐ近くに。K君は“まん”と言うワードが好きなようで(何故かは分かりませんが…)即決して向かいます。

 

「あんまりお腹空かなくない?」などと言いつつも、かき三昧セットが目の前に出てくると…


f:id:azuminminzemi:20170713082429j:image\ドンッ/

はい完全に美味い。こんなん美味しいに決まってるじゃないですか。お腹空いてないとか嘘。2セット食べられる。左奥から牡蠣の天ぷら、生牡蠣のおろしポン酢、牡蠣の柚子胡椒バター陶板。見事な牡蠣尽くし。え~~~~~~~~~~~???いいの~~~~~~~~~~~!??

こんなにいいの~~~~~~!??!?

 

はい、最高に美味しい夜ご飯のあとはゆっくり温泉に浸かって、本日の旅程をすべて終えたわたしたちはやっと帰路へつきます。もちろんまた3時間かけてです。っはー!運転手つら!助手席最高!(起きてるつもりでしたが終盤寝てしまって本当にごめんなさい)

 

さて、明日は朝から山口のよいとこ巡りの予定!早く寝て備えようということで帰宅後は各々就寝。いよいよ明日が最終日と思うと早いですが充分に楽しめればいいなー!ということでおやすみなさい!

 

 

3日目へ続く