あづみちゃんの日記

あづみんみんぜみ

山口広島の旅 2




 

7月9日(日)

 

おはようございます。本日の起床時間は7時半。30分で支度をして8時には出発する予定です。余裕じゃ~ん(^_-)とか思ってたけど化粧する時間考えたらかなりギリギリでした。ピチピチの21歳(女性/東京都)であることを忘れないでくれ~私。ちなみに天気は3日間で一番悪くなることを予想させる見事な霧雨。先行きが不安です。

 

さて今日の予定は私が行きたいところを事前に電話で伝えたところ、K君がしっかりタイムスケジュールを組み立ててくれています。さすが地元民!頼りになる~!つまりそれに沿って行動すれば完璧!と言うことです。

 

まずはお隣美祢市にある秋吉台に向かいます。秋吉台には家から30分程で到着するということで(近い…!)、滞在時間1時間半をみて10時頃には秋吉台を出発する予定。

 

そして車を走らせること約30分…

 

日本最大級のカルスト台地で特別天然記念物にも指定されている“秋吉台”に到着!
f:id:azuminminzemi:20170715113703j:image

駐車場に車を停めている時に一度「まじかよ…」というレベルの大雨になったのですが、私が「ちょっと待ってコンタクトだけ着けさせて!」というとその1、2分でほとんど止むというラッキー。さっすが私、持ってらぁ(^_-)!


f:id:azuminminzemi:20170715113526j:image

去年の12月にオープンしたばかりだという秋吉台ジオパークセンターKarstar(めっちゃ綺麗)で山口県銘茶の小野茶のジェラートをいただきます。この頃には雲も少し薄くなってきていて晴れ間もでてきました。

 

ちなみにカルスト地形とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食されてできた地形のことでこのように
f:id:azuminminzemi:20170715115234j:image

そこらじゅうに岩がゴロゴロしています。

 

このカルスト台地には岩石が雨水や地下水に溶食されることによってできるドリーネというものが存在していて、落ちると絶対上がれないそうです。
f:id:azuminminzemi:20170715120023j:image

http://geo.skygrass.net/note/geo/karst.html

「あづみさん落ちたら助けられないから、絶対道だけを歩いてねってこと」とK君。ってオイオイ…私はそんなにやんちゃじゃないから大丈夫だゾσ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)ってフラグ立てて落ちてやろうかと思いましたが深さが数m~数百mあるということでさすがにやめました。

 

そこから秋芳洞下り入口の黒谷口へ車で移動していよいよ洞窟へ!ワクワクが止まらね~!!ちなみにこの時点で時刻は9時50分!あれ?

 

黒谷口から洞窟までの187mのトンネルには地球誕生から現代までの秋吉台をイメージした絵が描かれているのですが
f:id:azuminminzemi:20170715115822j:image

一部なぜかトリックアートになっているところがあります。

 

K君「鼻撫でられてる?」

私「いや、微妙、ってか全然」

 

K君「…なんでここトリックアートにした!」

 

 

 

そんなこんなでお待たせいたしました、いよいよ約1kmの洞窟の中に入っていきます。


f:id:azuminminzemi:20170715121123j:image
f:id:azuminminzemi:20170715121543j:image
f:id:azuminminzemi:20170715121612j:image消えるK君

 

私「すごい……!」

私「うわ~~~~~~~~~!すごすぎ!!!!!!!!!!!!!!」

私「えーやばい…すごい!」

語彙力が0になりましたありがとうございます。

 

いやほんとすごいんです、これが全て、何百万年何千万年の時間をかけて、自然が作り出したものだと思うと“自然”というものの物凄いパワーに圧倒されるしかない。

 

 
f:id:azuminminzemi:20170715170757j:imageカリフラワーみたいな岩もあります。

 

すると前の方でしゃがみこむK君。

f:id:azuminminzemi:20170715122318j:image
K君「四つ葉のクローバー探そ?♪♪♪」
f:id:azuminminzemi:20170715170902j:image ねえよ。

 



f:id:azuminminzemi:20170715175538j:image
K君「これはブロッコリーね、さっきカリフラワーもあったでしょ。これブランド品だから。高いよ。」

 

高いそうです。上から石灰分を含む水が滴ってできたこの“巌窟王”は8mあるのですが、10万年以上かかってこの形になったとのこと。気が遠くなるわ!

 


f:id:azuminminzemi:20170715180750j:imageThe Big Buddhaの語感にツボる。

 


f:id:azuminminzemi:20170715180929j:imageこちらは15mほどある“黄金柱”

 


f:id:azuminminzemi:20170715181825j:image空滝

K君「ちなみに、家に帰ってお風呂入ろうとしたらなんかぬるいな~ってときにするのは追い焚きだから。」


f:id:azuminminzemi:20170715182015j:imageこれは“傘づくし”といって上から滴りながら固まった石灰分でできたもの。


f:id:azuminminzemi:20170715182626j:imageこんな広い空間もある。洞窟内は年間を通して16℃くらいで夏は涼しく冬は暖かいのでめちゃめちゃ快適。

 
f:id:azuminminzemi:20170715182824j:image“百枚皿”という名前でも実際には500枚以上あるらしい。謙虚~!

 


f:id:azuminminzemi:20170715183148j:imageK君「壁がカフェオレみたい!」

 


f:id:azuminminzemi:20170715183504j:image高さ30m幅50mもある広くて大きなこの空間の天井には、入り口からの太陽光線が水面に反射して水の青さが青白く写し出されており“青天井”と呼ばれる。

 


f:id:azuminminzemi:20170715184229j:image出口をでると、あるところを境に気温がガラッと変わります。ちょうど間に立って両側に手を伸ばすと「こっちあったかい、こっち涼しい~!」

 


f:id:azuminminzemi:20170715184529j:image外に出ると霧がすごい…!


f:id:azuminminzemi:20170715185701j:image「ここはいつもは綺麗なエメラルドグリーンなんだけど写真なら秋芳洞で調べればいくらでも出てくるし、雨が降らなきゃこの霧は見られなかったから逆にラッキーだったんじゃないかな」とK君。確かにすごく幻想的で不思議な雰囲気。見られて良かった!

 


f:id:azuminminzemi:20170715190137j:imageこんな商店街を抜けて…


f:id:azuminminzemi:20170715190537j:imageあまがえるもいた。可愛い。あと洞窟出てからレンズが曇る曇る!

 

途中K君がチーズちくわを買っていて、あまりにも美味しそうで「一口ちょうだい!」と言うと一度無視したものの最後の最後に一口残してくれたのは嬉しかったです。

 

私に渡そうとした瞬間に落としたけど。

 

「はい、あげる あっ…」と言ったあのときのK君の表情は忘れられませんね。

 

 

そして車を置いた黒谷口に戻るためバス停に向かったのですが…
f:id:azuminminzemi:20170715190650j:image

バスが1日7本しかない。あと5分で出発するところでしたツイてらぁ!ちなみにここまでで1時間半押してます。あれれ~?

 


車に戻って次なる目的地へ。本格的に晴れてきた~!
f:id:azuminminzemi:20170715192418j:image山口名物黄色いガードレールは夏みかんのPRのためのものだそうです。分かりづらいわ。

 

さて到着したのは下関市内にある「瓦そば たかせ」
f:id:azuminminzemi:20170715193122j:image

畳の座敷に通されて…
f:id:azuminminzemi:20170715193524j:image

ひえ~~~~~~~~~~!!瓦にそばが乗ってる!(瓦そばなので)

茶そばに錦糸玉子、肉、海苔、レモン、もみじおろしが乗っています。これをつけ汁につけて…ズゾゾッ!といったらもう~~~~~~~~~~~美味い!瓦の上で焼かれて少しパリパリっとしたそばもまた美味い。旅行先で各地のご飯を食べてるけどこれは本当にずば抜けて美味い…!

 

f:id:azuminminzemi:20170715194617j:image一緒にうなめしも頼んだゾ~^_^贅沢極まりない!

 

f:id:azuminminzemi:20170715195753j:imageうな茶漬けで締める!家で「ごめんね今日の夜お茶漬けしかないけど…」って出てきたら歓喜するやつ。毎日これで良い。

 

 

お腹いっぱいになったところで

f:id:azuminminzemi:20170715200107j:image

次は下関の海沿いを走って到着したのが…

 

 

 


f:id:azuminminzemi:20170715200657j:image

角島大橋


f:id:azuminminzemi:20170715201817j:image綺麗すぎる…!山口にこんな綺麗な海があるなんて正直知りませんでした。

 

f:id:azuminminzemi:20170715202221j:image一面のエメラルドグリーン!

 


f:id:azuminminzemi:20170715202255j:image橋を渡って

 


f:id:azuminminzemi:20170715202532j:image灯台へ

f:id:azuminminzemi:20170715202524j:image上からの景色。空の青と海の青の見事なコントラスト!最っ高~~~!綺麗な海を見るとテンションがブチ上がってしまう東京生まれ東京育ち。

 


f:id:azuminminzemi:20170715230710j:imageそらイカもガンガン回るわけだわ!

 


f:id:azuminminzemi:20170715203429j:imageそんでここが角島のビーチのコバルトブルービーチ!


f:id:azuminminzemi:20170715203708j:imageはしゃぎすぎてたらよく分からない虫に足刺された。




f:id:azuminminzemi:20170715203952j:image
f:id:azuminminzemi:20170715204534j:imageけどそんなことも気にならない気持ちの良さ!

 

 

その後はお土産屋さんで会社へのお土産にふぐせんべいを買おうとしたところ(沢山入ってて安いので)

 

K君「おまんじゅうとお珍味にしなよ。」

K君「俺はおまんじゅうとお珍味がいいと思うけどな。俺は。」

 

まんじゅうは買いました。普通に美味しそうだったから。

 

 

 

さて、依然として1時間半押しは変わらないので萩を泣く泣く諦め、最後の休憩として島内にある“たまカフェ”でお茶することに。
f:id:azuminminzemi:20170715204412j:imageパン屋さんに併設されており、7月8月だけオープンするようです。


f:id:azuminminzemi:20170715211309j:imageアイスコーヒーとレアチーズケーキ。チーズケーキが甘すぎなくて美味しい。

お店の人も気さくで、ブルーベリー狩りの話をしていると「いま長門の方でブルーベリー狩りできるんですよ」と教えてくれました。

f:id:azuminminzemi:20170715214012j:image「昨日オープンして、これ焼いたんでよかったらどうぞ!」といただいたクッキー。

 


f:id:azuminminzemi:20170715214720j:imageそんなこんなで17時前、約2時間半滞在した角島をあとにして宇部空港に向かうことに。

 

 

 

…の前に途中でコンビニに立ち寄ります。あるものをゆうパックで送るためです。

 

それがなにかというと…

 



f:id:azuminminzemi:20170715232824j:image
風立ちぬ


このヒル

 

以前からこのブログを読んでくれていたK君、なんと記事に登場するまいかのファンになっており前にツイッターで見たという



f:id:azuminminzemi:20170715221931j:image
この投稿を受けて土曜日の夜に行った温泉で購入していたのです。やべー奴かって。いきなりこれ送るってそんな。やべー奴かって!おい!

 


f:id:azuminminzemi:20170715222420j:image

案の定しっかり怖がらせてしまいました。

 

f:id:azuminminzemi:20170715222510j:image今では新入りとして仲間に入れてもらっているようで良かったです。

 

 

 

7時になる少し前、山口宇部空港に到着。国際線も飛んでいるということで岩国空港より大きくて空港感のある空港です。
f:id:azuminminzemi:20170715223040j:image

20時5分フライト予定の飛行機までは少し時間があります。

 


f:id:azuminminzemi:20170715223103j:image駐車場の近くでにあった橋

1日目に行ければ錦帯橋を見にいこうと話していて結局行けなかったのですが、それを思い出したK君がこの橋の上で「あっ、錦帯橋!」と言っていったので無事行けたことになりました。良かった~!

 

 

…保安検査場を通らなくては行けないフライト30分前まで約30分、お土産に山口銘菓の「月でひろった卵」を買ったりチーズちくわを買って今度こそ二人で食べたりしました。チーズちくわリベンジ成功!

 

チーちくを食べながら談笑しているとあっという間に7時半になっていて、そろそろ行かなきゃと立ち上がりリュックを背負います。

「じゃあ行くね、ばいばい!」と言いかけると、それまで全然平気だったのが急にとてつもなく寂しくなって。しめっぽくなるのも嫌だから避けていたのに、遂にやってきてしまったさよならにやっぱり耐えられなくて涙が込み上げてしまって。

 

K君「えっwwwwwwwwwドン引きなんだけどwwwwwwwww早く行きな!ほらもう行け!」

 

それまでと変わらない調子のK君と突然号泣する私。そら引くわ。

 

K君に見送られ保安検査場を通り飛行機に乗り込んで、車のなかで一緒に歌ったスピッツのチェリーを聴きながらまたまた泣いていたら隣のお姉さんに「これ使う?泣いちゃった方が楽になるから」と鼻セレブを二つも渡されたのは良い思い出です。ありがとうお姉さん!(めっちゃ恥ずかしかった。)

 

 

 


f:id:azuminminzemi:20170715225747j:image
こうして幕を閉じた今回の二泊三日の旅は、長いようで短い、けれど間違いなく最高の思い出になった時間でした。

なかなか会えない距離にはなってしまったけれど、また会えたときには変わらず、こんな風に楽しく過ごせたら良いなあ。

きっとまた、今度はまいかやズッキーを連れて必ず会いに行くね!3日間本当に本当にありがとう!

 

 

いつも以上に長々と、内容も最後の方は誰が読むんだという感じになってしまいましたが私による私のための備忘録というか思い出のアルバムということでひとつよろしくお願いします!

 

最後に!山口最高!また必ず行くからなー!

 

 

ではまた!